スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ひさしぶりのFB スケイブンvsヴァンパイアカウント

 最近はボルトアクションばっかりペイントしているんですがFBもたまに遊んでします。
今日はYさんのヴァンパイアとバトル。
DSC_0209.jpg
 スケイブンはジェザイル、ワープライトニングキャノン、ドゥームホイール、ラットオウガと重量編成。コアはスペキャラでコア枠にしたラットオウガとストームヴァーミンしかいません。スレイブやクランラットを入れない編成は始めてかも。
 対するYさんは盤上を埋め尽くすゾンビと幽体部隊さらにテラーガイストが二匹もいます。(ディーモンだったらヤバかったかもしれません)
 序盤はスケイブンの遠距離攻撃が大戦果を挙げます。キャノンでテラーガイストを射殺。ジェゼイルが幽体部隊に大ダメージを与えます。

DSC_0214.jpg
その援護射撃が功を奏し、主力のラットオウガがほぼ無傷で突撃に成功します。幽体部隊、ゾンビと次々に平らげていくのですが・・・Yさんのターンになればネヘク一発でゾンビがワラワラと際限なく湧き出します。

DSC_0213.jpg
しかし、序盤で攻撃の要のテラーガイスト2体を失ったヴァンパイアは攻め手に欠け、徐々にゾンビの数を減らしていきます。ネヘクを唱えれば復活するので無限に続けられるのですが、ポイント的に逆転がなくなったのでYさんが投了。

 スケイブンの博打要素がいい目に出たので(ミスファイア0)やっかいなテラーガイストなどを倒すことができたのが大きかったですね。今回のYさんの編成は守備は抜群だったのですがパンチに欠けたようでした。次回には改良版が用意されているそうなので楽しみです。

スポンサーサイト

2014.05.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | バトルレポート

40kやってきました。

 柏ミスターフィールドで不定休趣味人会の40Kに参加してきました。こちらは久しぶりのブラットエンジェルズ。ドレッドノート2機inドロップポッドで弱点を先に突き、初投入のランドレイダークルセイダーにダンテとルクシルアーク率いるデスカンパニーを乗せて接近戦に挑む作戦です。

1戦目はBetzさんのKnights of Avalon(コデックスマリーン)と2,000P

 相変わらず美しい戦団。しかも的確に行動し攻め手に品を感じます。力押しばかりの自分のアーミーはまだまだですね。
今回のゲームは先攻をとれたのですが、先制権を奪取されてしまいました。そして、なんと虎の子のランドレイダーの目の前にKnights of Avalonのドレッドノートが・・・。マルチメルタが貫通し、1ターンでランドレイダーが大破。デスカンパニー達は今後、地獄の行軍を余儀なくされます。なんか自分がやりたかったことを先にキレイに決められてしまいました。
DSC_0111.jpg

 その後はこちらのディヴァステイターのプラズマキャノンによってKnights of Avalonの主力ターミネイターが士気チェックに失敗して盤外に逃げ出すというラッキーパンチも出たのですが、結局は最後に生き残ったダンテがセンチュリオンに穴だらけにされ敗北しました。
 しょっちゅう会ってはいるのですが、Betzさんとゲームをしたのは久しぶり。まだ一度も勝ったことないんじゃないかなぁ。もう少し自軍を見つめなおさないと勝機はなさそうです。いつか勝ちたい。


 2戦目はKINGERさんと。2,000P VSグレイナイトです。

 前回のゲームでポイントを喰った割には全く活躍できなかったランドレイダーを抜いて、アサルトマリーンを増やしてみました。40kはFBと違って拠点確保できるトループの運用が難しいですね。
今回はドレッドノートの降下が上手くいきました。先に落とせたのでこちらのドレッドノート2機がグレイナイトのドレッドノートを破壊します。そのまま攻の高いユニットを先に殲滅できたので優位に進めることが出来ました。

DSC_0113.jpg

 しかし、ドレッドナイトは強烈でした。デスカンパニーの射撃、アサルトスカッド10人が突撃してもノーダメージ。アサルトスカッド10人はあっという間に消えてしまいました。ドレッドナイトを倒すのは諦め、デスカンパニーはパラディンを攻撃し撃破。各個撃破で勝利を手にすることが出来ました。

 ドレッドノート降下は上手くいくと戦局を一気に有利にすることができますね。デスカンパニーも突撃させることができれば、一線級の破壊力は秘めていそうです。どの相手にも突撃できるようにパワーフィストを多めに装備させたいのですが、コストがかかりますね。デスカンパニーにコストをかけすぎると拠点確保するトループが足りなくなるので調整がむずかしいですね。

 2戦とも楽しいゲームでした。今日も素晴らしい環境を提供してくれたミスターフィールドに感謝。武将列伝も水面下で進行中なようで楽しみです。

2014.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | バトルレポート

スパー始めました。後編

 2戦目はディーモンです。ディーモンは自分では良く使っているのですが、対戦してみると全然違う運用法が見えたりして、面白かったです。

 RIMG0891.jpg

 相手は真っ赤な軍団。2部隊のフューリーがいます。自分の中ではフューリーはほとんど役に立たないという評価だったのですが、コーンのフューリー。飛行で突撃時に攻5.なかなかいいですね。

 シナリオが暁の進軍でジェネラルのカーク将軍とスレイブが離れてしまったのが響きましたが、それを差し引いても飛行でユニットの後ろに行かれると、攻撃対象が取れなくて参りました。

RIMG0893.jpg

 スケイブン最強の漢カーク将軍も、ブラッドサースターには全く歯が立たずスポーンと首を狩られてしまいました。ブラッドサースターにとってはスレイブもカークも同じ鼠にしか見えないでしょうね。

 というわけで、スパーリング2戦は2敗と言う結果でしたが、勝敗ではなく学ぶことが多かったので、スパーとしては大成功でした。ディーモンやっぱりいいかも。飛行がこんなに敵に回すと厄介だとは。
次回はナーグルディーモンを使ってみようかな。

RIMG0892.jpg
最後に対戦相手の方のブラッドサースター様。かっこよすぎます。こういうアイデアと、それを実行するテクニックがあるって素晴らしいですね。

2013.08.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | バトルレポート

FBのスパーリング始めました。

 スローンに向けてのスパーリングを開始しました。今回はドワーフとディーモンとの対戦です。(許可を得るのを忘れたのでお名前は伏せています。)こちらはスケイブンを用意しました。

 今回のスケイブンの編成は前回のバージョン2です。カーク将軍&親衛隊50人とプレーグファーネス&モンク30人を主力とし、スレイブ約50人で敵の主力を食い止めます。ガッターランナー5人が敵ウォーマシンの背後を突き、大物はドゥームホイールがワープライトニングとインパクトヒットで対応する、という作戦です。

 第一戦目はドワーフ。我がスケイブンから見ればドワーフは憤懣やるかたない相手。しかもカーク将軍はドワーフ殺しのスペシャリスト。気合が入ります。
RIMG0888.jpg
 我が軍は塔を間に挟み横一列になり、敵陣を目指します。数では圧倒的に有利。敵のウォーマシンの砲撃を受けても攻撃力を残して接敵できるだろうと思っていました・・・

 
ところがカーク将軍と親衛隊が敵前に到達するころには50人いた親衛隊が5人を残すのみに。なんという火力、なんという命中精度、なんという安定性。我がスケイブンのウォーマシンとは比べ物にならない強さでした。

 その後もファーネスとドゥームホイールはキャノンでぶっ壊されるわ、ガッターランナーがウォーマシンを攻撃してもダメージも通らない上に逃げてもくれないという状態。結局接敵するころにはランクすらなくなっていました。もちろん完敗です。いやー、強かった。疫病の魔法は射程が短いので当てられず(当てても耐テストなのでドワーフには効果はイマイチ。)

 正直魔法で消されない限りはスケイブンの物量は止められないと思っていたのですが、射撃でほぼ全滅されてしまうとは。オウガギングダムのホード以来の衝撃でした。いいスパーになりました。ドワーフ恐るべし。

2013.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | バトルレポート

スローンに向けて。スパーリング開始だ!そしてデイミアンのスゴイ記録!

 さぁスローンオブスカルが開催されますね。9月22日に向けて、スローンルールでのスパーリングを開始します。とりあえず今日の相手は、デイミアンのリザードマンとYさんのWoCです。WARHAMMER界で上位のアーミーとのスパーリング、相手にとって不足なしです。こちらはスケイブンで参戦。ディーモンか迷っているのですが、現状ではディーモンでは難しいのでスケイブンを選択。カーク将軍&親衛隊 スレイブ、ファーネス&モンク ドゥームホイール そして今回はジェゼイルを10人入れてみました。
RIMG0857.jpg

まずはWoCと。前回同様、タカさんの編成をベースにYさんのオリジナルを加味しています。フェスタス達を含むナーグルウォリアーのホード、キメラの遊撃、ヘルキャノンの砲撃。そして今回はドラゴンオーガで攻撃力を高めています。

第一ターンでキメラがジェゼイルの死角から攻め、2ターン目でジェゼイルが全滅してしまった以外は安定して戦うことが出来ました。今回は、ミスファイヤが怖いのでウォーマシンを排除した編成でしたので、ダイス目での一喜一憂は控えめにすることができました。ヘルキャノンもスレイブでロックすることができ、最後まで拘束できることがわかりました。4ターンでWOCの投了にてスケイブンの勝利。

2戦目はデイミアンのリザードマンと。
生命を使うスランとサラマンダーたっぷり。攻守そろった安定感のあるいかにもリザードマンらしい編成です。
RIMG0859.jpg
今回はジェゼイルを減らしてワープライトニングキャノンの入れてみました。

第一ターンでサラマンダー5体がスケイブンに炎を吐きますが、なんと!全てミスファイア!5連続ですよ?
多分7776分の1の確率。もう二度と見ることはできないでしょうね。まぁ、今回のゲームはミスファイヤの連続で我がキャノンも初手で爆発。ホイールもミスファイア(これは6で問題なし)という荒れに荒れたゲームでした。
RIMG0860.jpg

結果は、スランのドゥエラーオブビロウで親衛隊が半分の減らされるも、親衛隊とファーネス部隊でスラン&テンプルガードを挟み撃ちできたので、勝利することが出来ました。まぁ、サラマンダーが普通に炎を吐いてたら親衛隊はスランまで到達できなかったと思うので、もう一戦して検証する必要がありそうです。

2013.07.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | バトルレポート

«  | ホーム |  »

プロフィール

Daisuke76510

Author:Daisuke76510
DreamDragonのブログへようこそ。
Warhammerを中心に活動している多国籍なチームです。
千葉県でWarhammerをされている方、是非遊びに来てください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。