スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

スケイブン ユニット紹介 ロード 編

 世の中は40Kの6版が発売され、GWも40Kに力を入れているところですが、あえて今、WARHAMMERのスケイブンのユニット紹介をしたいと思います。評価というには、客観性が乏しいのであくまで紹介ということで。
 まずはロード スペシャルキャラクターから。

 大僧正 スクロルク
 鼠の中ではもっとも、高ポイント。それなのに中途半端な感じ。ウィザードレベルも3だし、耐が5あるとはいえ、セーブが何一つないので、前線で戦うには心もとない。とはいえ、腐れの杖は相手が耐テストに失敗すれば即死(あらゆるセーブ不可)なので傷を複数もつ敵には有効だが、大抵傷を複数持つ敵は耐も高いので成功率は低め。また、スクロルクをジェネラルに迎えればプレーグモンクをコアにすることが出来るが、プレーグモンクは狂乱持ちのため、主力にしてしまうと、まんまと釣られてしまう事も起こりうる。どうにも使いづらい印象が拭えない。

 サンカール&ボーンリッパー
 スクロルクの中途半端さと比べて、実にスッキリとしている二人組み。サンカールはグレイシーアの上位アップグレードといえる。特に歪みの御守りはスケイブンには珍しく、5以上を出せはノーリスクで自身の傷を1回復してくれるというありがたいアイテム。ワードセーブも4あり(これは若干のリスクあり)スケイブンにしては守備も高い。ボーンリッパーも強化されたラットオウガでかなりの強さを誇る。サンカールをユニットに合流させ横にボーンリッパーを侍らせればかなり活躍をしてくれると思われる。3000P戦からはジェネラルの候補としてありだと思われる。

 イキットクロウ
 ウィザードなのに、なぜが肉弾戦向けに自分を強化してしまった変な奴。といっても、事故でこうなってしまったので、仮面ライダーみたいなものか。遠距離ではワープライトニングやストームディーモンの魔法攻撃で、近距離では攻5のアーマーセーブ不可攻撃と、マルチに活躍できる。防御面もアーマーセーブ3+ ワードセーブ5+あり、攻守ともにバランスがいいキャラクター。

 不浄なるスロット
 スロットを迎えるとジャイアントラットとラットオウガをコアにすることが出来る。ジャイアントラットをコアに迎えてもそれほどメリットはないが、ラットオウガをメインにしてみたい時には必要になる人材。スケイブンをやってると誰でも一度はラットオウガホードを考えるのではないでしょうか?スロット自身の能力は決して悪くはないが、たゆまざる飢えのペナルティーがかなりキツイ。行進や戦闘をするたびに士気テストで失敗するとラットオウガをペロリと食べてしまう。気が7しかないので、移動・戦闘のたびに50%の確立で40ポイントもするラットオウガを食べられてしまっては、せっかくのホードがスロットの胃袋に収まってしまう可能性もある。

 首狩りカーク将軍
 スケイブンでもっとも強いオトコ。その強さゆえに一騎討ちを好む。とはいえ、所詮スケイブンの中で最強なので、他の接近戦を得意とするアーミーにはコロリと負けてしまうことも多々見られる。相手がドワーフならば無類の強さを誇るので、ガンガン攻めることができる。カークの攻撃はアーマーセーブ不可なのでWoCにも強い。またストームヴァーミンを強化すれば他アーミーのエリートクラスの基礎能力まで上げることができる。
 
 ヴァーミンロード
 鼠というよりは、グレーターディーモン。しかし、本家のディーモンに比べると小粒。ウィザード能力と接近戦能力の両方に手を出しているので中途半端なキャラクターになってしまっている。13番目のスペルを持っているが、自身が500ポイントと高額なため、おいそれとパワーダイスをたくさん振ることはできない。マジックアイテムの破滅の矛も痛烈な一撃D3とパンチに欠ける。せめてスケイブンらしくユニットにコソコソ合流できるグレーターディーモンなら活躍の場もあったのだが。

 ウォーロード
 接近戦用ロードの代表。オプションも豊富で使いやすい。ウォーリッターに騎乗させて、思いっきり強化して木の葉隠れで単身飛ばしてもらい、敵の弱点を突くのも面白い。歪み石の鎧を着て、アーマーセーブを強化してダメージを狙うのもアリ。どちらにしてもスケイブンはジェネラルがいなくなると士気テストがキツくなるので、前線で戦うならジェネラルは他のキャラクターに任せたほうが安心。

 グレイシーア
 魔法専用ロード。前線で戦うことはないので、ジェネラルになることが多い。スクリーミングベルに乗せるという選択肢もあるが、今のところ、スクリーミングベルの有効な使い道が見つけられない。恐るべき13番目のスペルをとることが出来るので、ワープストーントークンで振れるだけマジックダイスを振って魔力の渦に巻き込まれるのを承知で道連れにするのも手。自身が240ポイントなので、敵の高ポイントユニットに上手く当てる事が出来ればお釣が来る。

 以上がスケイブンのロード枠です。正直言って戦況を一人で変える力を持つキャラクターはいません。他のアーミーと比べると力不足だと思います。しかし、スケイブンの強さはユニットにあります。ロードは士気のコントロールと魔法でダメージを与えるくらいと割り切ったほうが良いかもしれません。

スポンサーサイト

2012.08.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | スケイブン

トーナメント決勝戦

 今回のトーナメントはジョン率いるティラニッドとYさん率いるネクロンの対決になりました。負けた他のプレイヤーは全員スペースマリーン系です。ケイオス・グレイナイト・ダークエンジェル・ブラッドエンジェルという強豪を破ったのがこの2アーミーというのは実に興味深いですね。
 しかも、両軍がまったく違う特徴を持っています。ティラニッドは接近戦にいち早くもっていき、ターミネイターの死体の山を築き上げました。片やネクロンは、射撃を得意とし、接近戦に入る前に敵戦力を削ってから、フレイドワンで止めを刺す戦術です。
 
RIMG0260.jpg
決勝戦でもお互いにやりたい事が決まっているので、分かりやすい初期配置です。前線ギリギリ配置のティラニッドに対して、出来るだけ後ろに配置し射撃を一度でも多くしたいネクロンといった状態からスタートしました。

 ネクロン側は射撃でかなりの数を減らすことができましたが、ティラニッドのターヴィゴンが産み出す数には追いつけず段々と距離を縮められてしまいます。思うほどダメージを与えられないまま、フレイドワンが接近戦に持ち込みますが、数で押し切られてしまいました。
 フレイドワンを失ってしまってからは、ネクロンがジリジリと兵を減らしていき、機体再生プロトコルも追いつかずユニットを各個撃破されてしまいました。

RIMG0261.jpg
 数の暴力が炸裂。今大会のチャンピオンはジョンのティラニッドに決定しました。

 敗者の殆どががターミネイター対策にターミネイターを選んでいたのですが、最終的に勝利を得たのはターミネイターに拘らず、アーミーの特性を追及したジョンのティラニッドでした。
おめでとう! ジョン!!

2012.08.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | バトルレポート

トーナメント 第二回戦

 前回に引き続き、第二回戦と決勝の模様をお伝えします。

第二回戦 第一試合
デイミアン グレイナイト VS ミカエル ダークエンジェル
RIMG0250.jpg
 グレイナイトはライノや射撃もバランスよく編成しています。対するダークエンジェルはサンダーハンマーとストームシールド装備が殆どの100%徒歩のターミネイター編成です。互いに全軍で正面突破を狙っています。ダークエンジェルがアサルトレンジに入るまで、グレイナイトはストームボルターなど、威力は並ながら弾数が多い射撃を、ダークエンジェルはアサルトキャノンとミサイルポッドの高威力の射撃を打ち合います。
 スペシャルセーブ+3を持っている相手に対しては、高威力より数頼みの方が効果的です。グレイナイトは戦線を後退しながら射撃を繰り返しますが、アサルトレンジの突破を許してしまい、ダークエンジェルの高威力高セーブの前に追い詰められ、敗退してしまいました。

第二回戦 第二試合
Yさん ネクロン VS Yamadaさん ケイオススペースマリーン
 このゲームはYamada先生による初心の友Yさんへのイントロダクションゲームになりました。
RIMG0252.jpg
勝敗に関係なく丁寧にゲームを説明するYamadaさんの姿勢にメンバーも感動していました。今大会のベストプレイヤー賞はYamadaさんにお送りしたいと思います。

第二回戦 第三試合
ジョン ティラニッド VS ダイスケ ブラッドエンジェル
 一回戦で圧倒的な強さでダークエンジェルを破ったジョンのティラニッドと対戦です。
RIMG0254.jpg
正直言って、対ターミネイターを念頭に考えていたので、ティラニッドなんて数が多いだけでターミネイターを先頭にすれば、力で押せるでしょって考えていました。近づかれる前にプラズマキャノンで一掃だ、と。しかし、始めてすぐにピンチに。あ、配置で上手く、隠れられて射撃ができない。なんとか、プラズマキャノンで1ユニットを全滅させますが、接敵されてしまいました。ポイズンウェポンの振りなおしって結構効くなぁ。レンディングって結構でるんだな、なんてのん気にしてたら、あっという間に・・・
RIMG0256.jpg
こんな状態に。完全にスターシップトゥルーパーです。ってなわけで。4ターンで全滅。
自分の見通しの甘さがモロにでたゲームでした。これは、いい経験になりました。うーん、参った。

 ということで、2回戦の結果はジョンのティラニッドと、総合得点でYさんのネクロンという40K歴の一番短い二人が決勝に進みました。

2012.08.14 | | Comments(2) | Trackback(0) | バトルレポート

40Kトーナメント 第一回戦

 ドリームドラゴン内40K1500Pトーナメントの一回戦を紹介したいと思います。といっても、3試合同時進行なので自分のゲーム以外は殆ど見れなかったので、簡単な結果しかお伝えできないのですが。

 第一試合
ジョン(ティラニッド) VS ミカエル(ダークエンジェル)
RIMG0240.jpg
今トーナメント最有力候補ダークエンジェルのゲームです。殆どのメンバーがこのミカエル率いるデスウィングにメタを張っています。3試合同時進行で一番最初にゲームが終了したのがこのゲームでした。「全滅したよ」と報告が入ったので、さすがデスウィングと誰もが思ったのですが、ここで大番狂わせが!(ジョンには失礼)なんとティラニッドが全てのターミネイターを食い尽くしてしまったとのこと。
RIMG0243.jpg
ターヴィゴンが次々と子供を増やし、レンディングでターミネイターアーマーを物ともせず殺戮したそうです。うーん、ドラマティックな展開を見せるトーナメントになりそうです。

 第二試合
デイミアン(ダークナイト) VS Yamadaさん(ケイオススペースマリーン)
RIMG0239.jpg
この二人の編成はかなり似ていると言ってもいいのではないでしょうか?ビークルを移動、防御に使いながら射撃で減らして、接近戦で止めを刺す。基本に忠実な戦法だと思います。ケイオススペースマリーンがオブリレイターからのプラズマキャノン、アバドンの猛攻を見せませんが、残念ながらダイスが不発。互角の消耗戦の結果、グレイナイトの勝利となりました。

 第三試合
Yさん(ネクロン) VS ダイスケ(ブラッドエンジェル)
Yさんは全く初めてのため、簡単に説明をしながらのゲームに。とはいえ、ベテランのデイミアンが編成したネクロンですから、十分強力でした。主力のアサルトターミネイターを2ターンで失ったのは痛かったのですが、なんとかブラッドエンジェルの勝利。
RIMG0247.jpg

2012.08.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | バトルレポート

40K クラブ内トーナメント開催。

 ドリームドラゴンメンバーが全員参加しての 40k クラブトーナメントが開催されました。その名もミカエルカップ。残念ながら今月でフィンランドに帰ってしまうミカエルのために行われました。今回のトーナメントはミカエルのプレイスタイルを踏襲してみんなガチ編成で行います。優しさも言い訳も無用な1500Pトーナメントです。

 参加メンバー および 使用アーミー  寸評
ミカエル       ダークエンジェル デスウィング編成。全員ターミネイターです。 
ジョン        ティラニッド   40Kは、ほぼ初プレイ。ターヴィゴンを中心に手数で勝負。
デイミアン      グレイナイト   ターミネイター大目。オーソドックスな編成。  
山田さん       KSM      アバドンあり。ターミネイター大目。プラズマキャノン多数。
Yさん        ネクロン     40k初プレイ。デイミアンのネクロンを使用し参戦。 
ダイスケ       ブラッドエンジェル サングイノール率いるターミネイター大目の編成。

うーん、やっぱりな。マリーン系は全員ターミネイターが主力できたか。予想通りの展開。
一応、僕のロスターのみ公開しておきます。1500Pと低めだったので、ストームレイブンは断念。変わりにサングイノールをHQに選びました。メフィストンが強いとよく言われるのですが、相手がターミネイターと予想していたので、スペシャルセーブがなくグレイナイトからの即死が怖いので今回は却下。ターミネイター対策としてディヴァステイターとタクティクスマリーンからプラズマキャノンを計5門入れました。

 サングイノール                          275P
 タクティカルスカッド*10 プラズマキャノン            175P
 アサルトスカッド*9 メルタボム                  177P
 ディヴァステイタースカッド プラズマキャノン*4          150P
 ライブラリアン ターミネイターアーマー着用            125P
 ターミネイタースカッド*5 アサルトキャノン ヘビーフレイマー   235P 
 ターミネイターアサルトスカッド*8 ストームシールド&ハンマー*8  360P
                                 計1497P

こんな感じの編成ですが、どうでしょうか?トーナメントの結果はまた次回。

2012.08.10 | | Comments(4) | Trackback(0) | バトルレポート

«  | ホーム |  »

プロフィール

Daisuke76510

Author:Daisuke76510
DreamDragonのブログへようこそ。
Warhammerを中心に活動している多国籍なチームです。
千葉県でWarhammerをされている方、是非遊びに来てください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。