スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

スケイブン ユニット紹介 レア編

 スケイブンのユニット紹介も今回のレア編を持ちまして最後となります。レア枠はスケイブンが誇る魔導兵器とモンスターで構成されています。どれも他アーミーからは脅威となるでしょう。

 ヘルピット・アボミネイション
特殊な攻撃がランダムに決まるので、与ダメージが読みづらいが、丸かじりは複数の傷がある敵に、腕を振り回す・巨獣の肉塊はインファントリーに効果的にダメージを与えることができる。再生能力もあり、他のモンスターよりは生命力は高いが、炎攻撃には注意が必要。また、もし死んだとしても、恐るべき死の復活で蘇ることもある。ほぼ無傷で蘇ったときの相手の精神的ダメージは図りしれない。

 ドゥームホイール
ワープライトニングと攻6インパクトヒットがあり、遠距離・近距離ともにトップクラスの威力を持つ稀な兵器。敵味方関係なく近くのユニットを撃ってしまうため、配置に気を配る必要があるが大したペナルティではない。ワープライトニングの攻はアーティラリーで決まるため、ミスファイアも含め運も必要だが、当たればD6ダメージなのでモンスターや単騎の傷の多いキャラクターにとっては脅威となるだろう。

 ワープライトニングキャノン
いかにもスケイブンらしいハイリスク・ハイリターンな兵器。一般的なキャノンのように安定した高威力は望めないが敵のユニットの真ん中で炸裂させることができれば、アーマーセーブ不可のD6ダメージなのでかなりのダメージが期待できる。反面、ミスファイアを出してしまうと、本体の爆発だけでなく、スキャッター次第では自軍に大ダメージを与えてしまうことあるので、編成に入れるのを躊躇してしまう。ミスファイアで爆発することも想定して複数編成する割り切りも悪くない。

 プレーグクロウ・カタパルト
キャノンと同様、一般的なストーンスロアーよりもリスクが高い。ミスファイアでは相手が好きな場所にテンプレートを配置するというペナルティが痛い。コア大部隊に置かれでもしたら一発で崩壊しかねない。上手く当てる事が出来ても攻2のためそれほどダメージを与えることはできない。1ダメージでも与えられれば強制パニックテストなので、気が低い部隊には効果がある。

 なんとも奇妙奇天烈なユニットが揃っているレア枠はスケイブンのイカレっぷりが表されていて、とても面白いです。まぁ、運次第ではものすごいストレスでもあるのですが。実際のところ、レア枠の一番の魅力はモデルのデキのよさかもしれません。レア枠のモデルは本当にカッコいいのでぜひ、盤上が派手になるようにタップリ使ってほしいと思います。

スポンサーサイト

2012.12.09 | | Comments(2) | Trackback(0) | スケイブン

スケイブン ユニット紹介 スペシャル編

 今回はスペシャル枠を紹介したいと思います。スペシャル枠のユニットは、その編成の軸になるものが多いです。尖った編成にしたい場合は、スペシャル枠からメインユニットを選ぶことが多くなると思います。

 ガッターランナー
忍び入りを使って、相手の弱点をピンポイントに突くことができる。毒攻撃とスリングを組み合わせ、ウォーマシンを狩るのに適している。スカーミッシャーなので、距離を保ちながら耐の高いモンスターなどにチクチク毒スリングを撃ったり、狂乱持ちの前をウロウロして釣ったりと、相手への嫌がらせを得意とする。

 ラットオウガ
攻5 耐4はスケイブンにしては、攻・守が高いと言えるが逆に言うと、それぐらいしか特徴はない。セーブが全くないため、高コストだからと少人数で編成すると、あっという間に射撃の的になり、気5で退却する羽目になる。上手く運用し、相手の側面を取れればポイント分の活躍は期待できる。また、スクウィール・グノウトゥースを迎え入れれば変異チャート次第で、再生・毒攻撃・追加攻撃のいづれかを得ると、強力なユニットに変身する。

 プレーグモンク
7ポイントと低コストの割には、二刀流・狂乱持ちで手数も多く逃げづらい。反面、耐4はあるもののセーブがないため、接敵するまでにかなりの数が減ることを覚悟しなくてはならない。マジックスタンダードの疫病の軍旗は30ポイントで一回限りヒットロールとダメージロールを振りなおせるので手数の多さを相まってかなりのダメージが期待できるのでオススメ。プレーグファーネスと一緒に行動すると、戦意喪失しないので、スタンドアローンで戦うことが出来る。

 プレーグセンサーベアラー
接近戦では狂乱・憎悪・プレーグセンサー(フレイル)で1ターン目は耐テスト&攻5回3ヒットロール振りなおしと、まさに狂信者と言わんばかりの暴れっぷり。プレーグモンクの側にいれば、士気ボーナスをもらえ、さらにプレーグファーネスの近くにいれば鋼鉄の意志までもらえる。分散隊形と高コストのため、どうしても少数になり射撃と正面攻撃には弱くなるが、ファーネスの側から側面を突けるように運用したい。
数も少なく、プレーグセンサーの自爆ダメージも常に発生するため、全滅する可能性が非常に高い特攻部隊。 

 ワープロック・ジェゼイル
スケイブンが誇る長射程ライフルを装備したスナイパー。とはいえ、射3しかないので、腕は大したことない。攻6&鎧を貫通のため、重装騎兵やモンスターを近づく前に倒すことが出来る。また、ワープストーン製の武器のため、やっかいな幽体ですら射殺することができる。スケイブンらしく通常の射撃攻撃なのに、ミスファイヤがあるのが面倒だが、安定して敵の少数精鋭部隊を壊滅させてくれることだろう。

 ポイズンウィンド・グローバディアー
相手の耐に関係なく4+でダメージを与えられるのは悪くないが射程8mvでは、どんなに上手くいっても一度しか当てられない。「命ッてのは安いモンさ。特に仲間のはヨ!」のルールで仲間ともども射撃をすることができるが、2分の1の確立で味方に当たってしまうためこちらに有利にダメージを出すのは難しい。スレイブが接近戦中なら、ワープライトニングキャノンやポイズンウィンドモーターなど、通常のテンプレート攻撃の方が効率がいい。接近戦がクランラットなら、グローバディアーのみが射撃でき、且つクランラットのコストを考えればポイント的に有利な射撃になるだろう。

 スペシャル枠は他アーミーに脅威を与える力を持ったユニットが多いと思います。この中のどれかを、思いっきり沢山入れた編成は尖っていますが、上手くいけば最後まで戦場をコントロールできるでしょう。
 ガッターランナーで相手の特技を封殺したり、ラットオウガの大群でオウガキングダム並の力押しをしたり、フォズリックの折りたたみ式砦に立て篭もった大量のジェゼイルの射撃に耐えられるモンスターはいないでしょう。
スケイブンのスペシャル枠は攻撃力に特化している分、守備力が欠けています。いかに、被害を抑えつつ相手にぶつけるかが勝負の分かれ道になりそうです。

2012.12.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | スケイブン

«  | ホーム |  »

プロフィール

Daisuke76510

Author:Daisuke76510
DreamDragonのブログへようこそ。
Warhammerを中心に活動している多国籍なチームです。
千葉県でWarhammerをされている方、是非遊びに来てください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。