FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

スケイブンと私②接近戦編

 スケイブンでの連敗は前述の通りですが、そこから僅かばかり勝率が上がり始めたのは10列編成と5列編成の見極めができるようになってからではないかと思うのです。ベテランの方から見れば当たり前のことなのですが、私はスケイブンとは10列で戦うものだと思い込んでいたので、スケイブンスレイブやクランラットは持ってるだけ10列編成にしていました。数が減っても10列のまま。結果、揺るぎなしやスケイブンの隊列ボーナスも失い、逃走していました。
 もちろんスケイブンですから相手より数が多いというのが最大の利点なのですが、漫然と数を増やしても相手にポイントを献上してしまうだけです。スレイブを大隊にして攻撃回数を増やしても殆ど相手には通りません。スレイブは防御と割り切って5列編成にし、ストームヴァーミンなど別のユニットで側面をとるという基本的な事に気がついた時から、やっと土俵にたったわけです。
 反面、ストームヴァーミンやプレーグモンクなどの攻撃ユニットは10列編成にして相手にぶつける事が多いです。守備側ユニットが受け止めてくれている間が勝負ですから。
スケイブンは殆どのアーミーに正面からぶつかったら勝てません。1対1では負けてしまうので2対1を基本に考えるわけです。しかし、それをする為に数を減らしてユニット数を増やすと、ほぼ各個撃破されてしまいます。(私はそれで負け続けました)そこで期待されるのが、スケイブンの謎の科学力の結晶ウォーマシーンと鼠の卑屈な魔法です。それについては次回。

スポンサーサイト

2011.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | スケイブン

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

Daisuke76510

Author:Daisuke76510
DreamDragonのブログへようこそ。
Warhammerを中心に活動している多国籍なチームです。
千葉県でWarhammerをされている方、是非遊びに来てください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。